スプレッドシートの限界を打ち破る最良の方法は、TM1にあります

TM1で突破口を開く最良の方法は、Cubewiseです

IBMのTM1は、Excel中心の予算編成、業績予測、財務報告、そして文字通りすべてのスプレッドシート・ベースの分析アプリケーションをエンタープライズ向けに拡大させるための理想的なテクノロジーです。TM1は、Excelの容易さ、柔軟性、親しみやすさをエンタープライズ・データベースのパワーと制御機能に結び付けます。
TM1は、Excelと同じセル指向の概念を使いますが、実世界でのビジネス・ニーズに合わせるためにテラバイト単位のデータや非常に複雑なモデリングを駆使して、何千人ものユーザー間のコラボレーションをサポートすることができます。
現在、Cubewiseの一員であるマニー・ペレス(Manny Perez)は、TM1の考案者です。彼はTM1を初の「ファンクショナル・データベース」だと説明しています。マニーは、遡ること1980年代初期に、インメモリーコンピューティングをうまく活用しようと考えたビジョンの持ち主の一人でした。彼は、具体的には予算編成、業績予測、財務報告に関する将来予測型ビジネス・モデリングの問題を解決するために、TM1を一から設計しました。
TM1はExcelのようにセル指向で機能します。Excelワークブック内のすべてのセルが、どのExcelワークブック内の他のどのセルの関数になり得るのと同じように、TM1においても、TM1キューブ内のすべてのセルは、どのキューブ内の他のどのセルの関数になり得ます。このような点で、TM1は、Excel後の自然な成り行きと言えます。TM1は、Excelの直感型パワーと柔軟性を与えながら、キューブをエンタープライズ向けデータベースにまで拡大するからです。
Excelのように、TM1はビジネス・ユーザーたちにとって 有益です。それはユーザー・インプットと共に複数のデータソースを結合して実際のビジネスの意思決定を裏付けるビジネス・モデルを構築できるからです。
TM1は、市場に出回っている予算編成、業績予測、財務報告のような財務アプリケーションのどの競争技術よりもはるかに高速です。TM1では、小容量のRAMに膨大なデータセットが収まるように、非常に効率の良い、特許取得済みのデータ圧縮アルゴリズムを使用しています。あなたは、瞬時に結果を得ることができます。それはTM1がメモリー内で素早く変更部分のみを計算できる点で優れているからです。値が変わるたびにデータ・モデル全体を計算し直す必要がありません。
TM1のリアルタイム 計算能力のおかげで、すべてのユーザーに向けた情報は常に最新の状態に保たれています。ユーザーが変更を加えると、全員が瞬時にその結果を目にします。これは、協調のとれた迅速なコラボレーションを可能にします。待つ必要はありません。さらなるビジネスのコラボレーションを行ったり、分析する時間を増やすことができます。